Uber Eats 配達してみよう!

Uber Eatsに登録し、四角いウバッグも受け取ったら、いよいよ配達です。ここでは配達の準備と流れを説明していきます。

配達を開始する前に、必要なものを揃えましょう。

以下は配達に必須なものです。

<必須なもの>

・配達用車両

・スマートフォン

・Uber Eatsドライバー用アプリ(スマホにインストール)

・商品を入れるUber Eats用のバッグ

上記はパートナーセンターで登録完了した時点で揃っているとは思いますが、

配達前には車両の状態(タイヤの空気やブレーキ)や

スマホのバッテリーが十分か等をチェックしておくとよいです。

バッグは、必ずしもパートナーセンターで支給されたウバッグでなくても

良いとされていますが、

自分が配達員であることの証明になるのでウバッグを使うことをお勧めします。

というのも、例えばウバッグを持たずにお店に商品を取りに行くと、

店員さんからするとお客さんと配達員の区別が付かないので

商品の受け渡しに時間がかかる場合があります。

また、あなたがもしお客さんだとして、

見知らぬ人が玄関に立ってたら怖いですよね?

でもウバッグがあると配達に来た人だとひと目で分かるので安心です。

配達時にあった方がよいもの

必ずしも無くてはならないものではないですが、

あると便利なものを紹介します。

 

<配達時にあった方がよいもの>

・スマホのバッテリー、ケーブル

・タオルやキャンプシート(商品を安定させるもの)

・スマホホルダー(自転車、バイク用)

・レインウェア

・防寒具(冬場)

・水

・グーグルマップのアプリ

 

Uber Eatsはスマホで配達リクエストを受けるので、

バッテリーの携帯はしておいた方が安心です。

 

また、飲み物やピザ、寿司などの傾けてはいけない商品を運ぶこともあるので、

商品を固定するためにタオルやキャンプシートを敷き詰めるのは効果的です。

 

スマホホルダーは、特に始めたての方にはおすすめです。

最初のうちは店の場所が分からなかったり土地勘がないため、

途中でお店や配達先住所を何度も確認することになります。

(地元に詳しい方はこの限りではないかもしれません)

その度にポケットからスマホを取り出したり、

片手でスマホを操作しながら配達するのはけっこうなストレスですし、危険です。

でもスマホホルダーでスマホを自転車やバイクに固定してしまえば、

そういった手間から解放されるのでかなり配達しやすくなります。

 

グーグルマップのアプリは、簡単に言うと

ウーバーのドライバーアプリがたまに誤った位置情報を表示したり、

見づらかったりするため用意しておいた方がよいです。

 

 

その他は言わずもがなですね!

 

配達の流れ

必要なものを揃えたら、いよいよ配達です!

配達の流れは以下の3ステップです。

①配達リクエストを受ける

②お店に商品を受け取りに行く

③お客様へ商品を届ける

 

①配達リクエストを受ける

まずはリクエストが来ないことには始まりません。

リクエストを受けるにはまず、スマホにインストールしたドライバー用アプリを起動し、アプリ画面の中央に出てくる「出発する」をタップしてオンラインにします。

これでリクエストを受けられる状態になりました。

実際にリクエストが来ると、音と画面表示で通知が来ます。

この時、画面にはお店の位置と店に移動するまでにかかる時間が表示されます。

(※自動車で移動した場合の時間です)

画面上の「タップで受け付け」を押すと、

リクエストを受けることができます。

なお、リクエストを拒否することも可能です。

僕は基本的に店までの移動時間が3分以上のリクエストは拒否しています。

なぜなら、現在地からお店までの移動距離は報酬に全く影響しないので、遠いほど損する確率が高いからです。

この匙加減は人によって違いますが、何回か配達回数をこなしていくうちに

自分の中で基準ができていくと思います。

②お店に商品を受け取りに行く

リクエストを受諾したらお店に商品を受け取りに行きます。

リクエスト時点でお店の地図が出ていますが、

受諾するとお店の名前や注文者名、商品の詳細まで表示されます。

お店の位置を確認してから商品を受け取りに行きましょう。

お店に着いたら、店員さんにウーバーイーツの配達で注文を受け取りに来たことを伝え、アプリ画面に表示されている注文番号を伝えて商品を受け取ります。

(ウバッグを持っていれば大抵は向こうから話しかけてきてくれます)

注文番号の確認は重要です。同じ時間帯に他の注文も入っている場合があるので、間違って他の商品を受け取るということが無いように

きちんと番号で確認してから受け取りましょう。

商品を受け取ったら、アプリの画面を操作し、

商品を受け取り済みのステータスに変更します。

 

③お客様へ商品を届ける

アプリで受け取り済みステータスにすると、

次は注文者の指定した配達先が画面上に表示されます。

マップ上ではピンで「ここだよ!」という感じで指定されます。

それとは別に、テキストで住所の記載もあるので、

これを元にグーグルマップで配達先を調べることも可能です。

指定の住所まで移動し、マンションの場合はエントランス、個人宅の場合は玄関でインターホンを鳴らし、ウーバーイーツの配達で来た旨を告げます。(マンションの場合は入口が開くので、指定の部屋まで移動してから再度インターホンを鳴らす)

ドアが開いたらお客様に注文番号を確認し、問題なければ商品を渡します。

渡したら、アプリ上で「完了する」ボタンをスワイプすると1件の配達が完了となります。

<すんなりいかないケース>

たまに、アプリ上のピンの位置がずれていることがあります。

確証が持てない場合はグーグルマップも併用して正確な位置を把握しましょう。間違った住所に行っても時間のロスです。

他には、お客様が住所の指定を間違えている場合があります。

例えば、明らかにピンが変な位置に表示されていたり、

住所の記載が不十分(マンションの部屋番号が無い等)。

こういった場合は、向かい始める前にアプリの機能で用意されている

ショートメール送信か、お客様への電話をすることをお勧めします。

(到着してから実は違う住所でした、こちらに届けてください、

となると時間ロスが大きいので、あらかじめ正しい住所を確認してから

一回で届けられるようにするため。

また、早めに連絡しておいた方がお客様からのレスポンスを待つ時間も短くて済みます)

これでお客様と連絡がつけば大抵は解決します。

が、お客様と連絡がつかない場合もあります。

その場合はひとまず表示されている住所へ向かいましょう。

そして、到着してからまた連絡を取ってみてください。

これでもお客様からの応答がない場合は、

アプリで「お客様と連絡がつきませんか?」というメッセージが

表示されているはずなので、そこをタップすると、

カウントダウンが始まり、0になったらそのリクエストを破棄することができます。

(カウントダウンは2019年1月時点では10分です)

リクエストが破棄になっても、本来リクエスト完了になっていた場合と同じ額の報酬がもらえるうえ、運んでいた商品は「処理」して構わないとのことです。

処理についてサポートセンターに尋ねたら

「捨てても構わないですし、ごにょごにょ・・・」という答えだったので

公には言えないのかもしれませんが、僕はありがたくいただきました。

 

 

以上①~③で1件の配達が完了です。

これを繰り返して報酬を積み重ねていきます。

配達のコツ

配達をする上でのコツをお伝えします。

①リクエストを受ける上でのコツ

アプリをオンラインにすればリクエストを受けられる状態になりますが、

より多くのリクエストを受けたい方はここから工夫しましょう。

例えば、繁華街等のお店が集中するエリアに移動する、

もしくは人気店の周囲に待機すなどがありますが、

一概にこの手段が絶対に有利!とは言えません。

というのも、配達都市、時期、天候、キャンペーンの有無などによっても

リクエストの受けやすさが変動するためです。

なので、これは自分の経験と情報がものを言います。

ある程度走ってみて「このエリアは注文来やすいな」

「この店は夜の注文が多いな」等、自分の経験値を蓄積するもよし、

配達に行ったときにお店の方とコミュニケーションを取り、

「1日どれくらい注文入りますか?」とか「昼と夜だったらどちらが注文多いですか?」とか色々尋ねてみるのも良いと思います。

その他にも、他のドライバーと直接情報交換したり、
SNS上の他のドライバーの発言から情報収集するという手段もあります。

ここはご自分の工夫次第で、面白い部分でもあるので、

是非色々と試してみてください。

②お店やお客様の元へ移動する時

知っているお店で簡単にたどり着ける、という場合はよいですが、

馴れないうちは走り始める前に、大体のルートを頭の中で整理してから

向かうことをお勧めします。

いきなり走り始めると、知らない道に出て迷子になったり、

最短ルートを選んだけど信号が多くて停まってばかり、結局到着が遅れる、というようなことが起こりがちです。

お客様の指定した場所へ届ける際も同様です。

ピンがずれていないか、住所に不備が無いかを確認出来たら、

どの通りを通るか、どこを目印にして曲がるかどの程度走ったらまたアプリで位置を確認するかを大体イメージしてからスタートします。

③商品を安定させるコツ

商品が安定しないと、商品が倒れたり傾いたりして商品の状態が悪くなります。

結果、当然ですがお客様から怒られたり低評価をもらうことになります。

商品を安定させるには、まずは自分の注意が大事です。

リュックを極力水平に保つために、自転車なら前傾姿勢にならないようにサドル位置を調節する、急ブレーキをしない、カーブをゆっくり曲がる、等を意識すると良いでしょう。

もう一つは、あらかじめタオルやキャンプシート等を用意して、リュック内で隙間ができないようにするのが効果的です。

また、キャンプシートは断熱効果もあるので、暑いものや冷たいものを覆うことで温度変化を緩めることができます。

④リクエストが来ない時

アプリをオンラインにしていても、

常にリクエストが入るとは限りません。

地域にもよりますが、何分、時には何時間単位で

暇になることもあります。

こんな時の時間の使い方の一例をご紹介します。

(1)ぶらぶらする

単にぶらぶらするのではなく、

リクエストを受けるために人気エリアに移動したり、人気店を巡回するという攻めのぶらぶらです。

この時、時間帯も考慮してエリアや店を選ぶとより効果的です。

例えば、昼時はカレー屋、おやつ時はカフェやスイーツ屋をまわる等。

意識してぶらぶらすると(?)、

この時間帯はこの店の注文が多いとか、このエリアは注文が入りにくいといった、

ことが分かってくるので徐々に配達効率がアップしていきます。

(2)別の作業をする

リクエストを積極的に取りに行くのではなく、

1か所で待機しながら仕事や読書をして、

リクエストが入ったらウバるという守りの姿勢です。

この時ポイントなのが待機する場所です。

僕の場合は、まずリクエストが入りやすいエリアまで移動し、そのエリア内で待機場所を選びます。

例えば、晴れていて気温も丁度良い時は公園、

冬や夏、雨の日は屋内施設といった風に時々の状況に応じて場所を変えます。

無料で席があり充電もできてWi-Fiもある場所があれば最高ですね。

福岡では博多のヨドバシカメラがこの条件を満たしているのでよく利用しています。

少しくらいならお金を払っても良いという方は、

セブンイレブンやローソン、

カフェなどが良いかと思います。

待機場所を見つけるのも大事ですが、何をするかも大事です。

僕の場合はPCでブログを書いたり別の作業をしたり、

YouTubeやアマゾンプライムで動画を観たりしています。

(ポケットWi-Fiを持ち歩いているので外でも作業できます)

他にも、読書、音楽を聴く、Twitterを見る、

仕事をするなどなど、人によって様々かと思います。

待機場所と作業を決めて時間を有効に使いましょう。

⑤評価を上げるために

Uber Eatsは配達員、お店、お客様が相互に評価を行えるシステムとなっています。

 

例えば、あまりに配達が遅かったり、商品がぐちゃぐちゃになっていたら当然配達員は低評価を付けられますし、

 

逆にお店側の対応が悪かったり、商品できるまでに時間かかりすぎる場合などは、配達員がその店に低評価を付けることも可能です。

 

なお、お客さんにも評価を付けることができます。(例えばすごいクレーマーだったり理不尽な要求をしてくる方)

ただ、お客様の評価が何に影響するのかは分かりません。

公式には以下のような記載があります。

配達満足度とは

 

評価の悪い配達員にはリクエストが来にくくなるなどのペナルティがあるかとは思いますが、

明確な基準は不明です。

 

では実際に高評価を得るためにはどうすればよいかということですが、

まずは基本的なことをしっかりやる、これに尽きます。

基本的なこととは

・笑顔

・明るくはきはきと

・言葉遣い

・清潔感のある身だしなみ

・商品の受け取り、受け渡し時にきちんと挨拶をする

・商品の番号を確認し注文の間違いが無いようにする

・お店やお客様のところまでなるべく早く行く

・商品は丁寧に扱う

 

接客や配達における基本と同じですね。

これさえしっかりできていればまず低評価が付くことは無いと思います。

 

なお、身だしなみについてですが、

決まった制服があるわけではないので、

少し気を遣った方がよいかもしれません。

極端な例ですが、例えば普段スウェットで過ごしていて

そのまま配達に行ってしまうとやはり印象は良くないです。

後は全身真っ黒でマスクとか、アクセサリーじゃらじゃらとか。

お客様やお店側目線で考えて身だしなみを調整しましょう。

 

 

以上、配達のコツでした。

また配達する中で気づいたことや改善点あれば

都度更新していこうと思っています。

 

ただ、やはり自分で経験することが一番大事なので、

どんどん配達して自分なりのコツやノウハウを

発見していっていただければと思います。

コメント